公司概要

公司名台灣東喜璐機能膜股份有限公司
負責人董事長 飯田 寿美
事業內容半導體製程用保護膠帶製造及販賣
設立時間2017 年 11 月 21 日
資本金 9 億 5 千萬新台幣
母公司三井化学東セロ株式会社 100%
所在地台灣科技部南部科學園區管理局 高雄園區
82151 高雄市路竹區北嶺六路55號
TEL07-6955-355
關係企業三井化学株式会社
三井化学東セロ株式会社

社長的話

台灣東喜璐機能膜股份有限公司は、三井化学グループ初の台湾での生産拠点として設立され、主に半導体の製造におけるバックグラインド工程で使用されるウエハ表面(回路形成面)保護テープ(ICROS™ TAPE)の製造・販売を行っています。当社製品は1980年代後半に環境対応から採用され、お客様の要望に対応した製品やソリューションを提供し、全世界の半導体メーカーに使用されており、世界シェアNo.1を誇ります。

半導体、電子部品は日々進歩し、私たちの暮らしをより安全に、より便利で快適なものにして行きます。更にIoTやAIの普及で半導体が担う役割はますます大きくなって行きます。当社は、この様な半導体産業の集積地であるここ台湾を拠点とし、世界的視野に立った技術開発に努め、お客様のニーズに応える製品を提供することにより社会に貢献して参ります。

(中譯)

台灣東喜璐機能膜股份有限公司是三井化學集團在台灣設立的第一個生產據點,主要製造與販售在半導體製造的晶圓研磨工程中所使用的迴路形成面保護膠帶(ICROS™ TAPE)。本公司產品是自 1980 年代後半開始,為了因應環境與客戶的需求所提供的產品或解決方案,並被全球的半導體製造商所採用,擁有世界No.1 的市佔率。

半導體和電子元件發展日新月異,讓我們的生活更加安全、便利、舒適。此外,受惠於IoT與AI的普及,半導體的所扮演的角色也日益重要。台灣東喜璐機能膜股份有限公司,選擇在半導體產業發展最為興盛的台灣作為據點,並致力於以全球視野角度從事技術開發,提供能夠滿足客戶需求的產品,為社會作出貢獻。

台灣東喜璐機能膜股份有限公司
董事長 飯田 寿美

公司沿革

時間事紀
2017 年 11 月公司設立
2018 年 06 月工廠開工(科技部南部科學園區管理局 高雄園區)
2019 年 06 月工廠完工
2019 年 07 月工廠試運轉開始
2020 年 01 月工廠運轉開始
2021 年 08 月 二期工廠開工 (科技部南部科學園區管理局 高雄園區)

組織圖