社員インタビュー

モノづくりの最前線から、広く社会に貢献したい。

茨城工場 生産・技術

T・K

2018年新卒入社

入社の決め手は、一人一人の個性を大切にする社風。


大学の研究室の先輩が名古屋工場に勤務していて「見学しに来ないか」と誘ってくれたんです。見学した名古屋工場では、多くの大手企業が市場参入している半導体製造工程用のBGテープの市場において世界シェアNo.1を誇るイクロステープ™を生産しています。当時学生だった私にとって、技術力は必ずしも企業規模に比例しない、モノづくりという業界の奥深さを知る大きなきっかけとなりました。
東セロを含め、複数社内定をいただきましたが、最終的な入社の決め手となったのは自分という人間に興味を持ってもらえていると感じたこと。面接以外にも現場の社員や採用担当とマンツーマンで話をする機会も多く、一人一人の個性を大切にする会社だという印象を受けました。入社後は本社研修のあと、茨城工場で約3ヶ月間の現場研修を受けました。入社するまではフィルムに関する知識は全くありませんでしたが、研修を受けてフィルムの特性や多様性に一層興味をもつようになりました。

わからないことは、スピーディに解決。


私は現在、第1製造部に所属しています。主な仕事は、製造プロセスで製品に不良が発生したときの原因調査および改善です。不良率は会社の利益に直接影響するため、とても重要なミッションです。製品不良には原料起因や機械起因など様々な原因が考えられるため、なかなか一筋縄にはいきませんが、時間の経過とともに不良品は増え続けるわけですからスピーディな対応が必要となります。そのために心がけているのは、わからないことをそのままにしないこと。疑問や不明な点はすぐに調べ、それでもわからない場合は研究部門や技術室と連携し、問題解決にあたります。セクションを超えて協力し合える風土こそが東セロの強みです。

ジョブローテーションで自分を高めたい。


東セロの製品は食品や日用品をはじめ、さまざまな業界に採用されており、コンビニやスーパーなどでもよく見かけます。つい手に取ったり、買っちゃったりしますね(笑)。それが仕事のやりがいでもあり、自分の仕事が世の中の人々のくらしを支えているということを実感する瞬間です。また東セロでは、製造・研究・営業といった職種の垣根を超えたジョブローテーションも積極的に行っています。若いうちにいろいろなセクションを経験し、自分の可能性の幅を広げられることは、大きな魅力だと思っています。
現在、私は製造に携わっていますが、研究へ異動したら大学で専攻していた高分子化学の考え方や分析技術などが応用できるでしょうし、現場の知見を活かして営業も経験してみたい。将来配属される様々な部署でいろいろな経験をし、自分自身を高めていきたいです。また、このジョブローテーションが社内のコミュニケーションの良さと、製品のクオリティの高さに反映されているのだと思います。

他の社員インタビュー