社員インタビュー

自分の生み出した新製品でたくさんの人を笑顔にしたい。

開発研究センター包材開発部

I・H

2018年入社

入社前から入社後まで一貫した温かいサポート体制


入社を決めたきっかけは、東セロで働いている人に魅力を感じたからです。会社説明会の際に仕事内容を説明する先輩社員を見たとき、フィルムのことが本当に大好きで心から仕事を楽しんでいると感じ、東セロに興味を持ちました。また、面接後に採用担当と個別で話す機会もあり、学生一人一人をしっかり見てくれるような人が働いている点にも魅力を感じました。実際入社してみてると、入社前のイメージ通りで入社後のギャップは少なかったです。入社前、フィルムや高分子の知識がほとんどなく、不安もありましたが、上司による高分子教育や、チューター制度もあり、教育環境が整っていると感じています。先輩方も非常に優しく、忙しい中でも丁寧に質問に答えてくださり、ロールモデルにしたい先輩がたくさんいます。

既存品改良だけでなく新製品の開発まで “新たなチャレンジ”を後押しする社風


現在、私は主に食品包装に使用されている延伸フィルムの研究に携わっています。お客様のニーズに合わせた製品開発だけでなく、既存技術を生かした開発や新しい原料や技術を取り入れた新製品の開発にも取り組んでいます。まだ入社して間もないですが、先輩方に助けてもらいながら責任のある仕事やスピードを求められる仕事も任されています。新しいことにチャレンジする社風や、若手の頃から責任ある仕事を任せてくれるところも、東セロの良い部分です。試験機試作や実験だけでなく、フォークリフトで樹脂を運んだり、データをまとめるデスクワークなど、仕事内容は幅広いです。重い樹脂袋やフィルムロールを手で運ぶこともあるので、意外と体力が必要な仕事も多いですが、大変ながらも日々成長を感じられるやりがいのある職場です。

プライベートと仕事を両立できる職場環境


私は食品包装フィルムの研究に携わっているので、お店に並んでいる商品を見るとやりがいを感じますね。食品包装フィルムは日常生活に密接したものなので、やりがいは感じやすいと思います。あと、東セロに入社してから、商品の食品包装フィルムをよく観察するようになりました。このフィルムは開けやすいとか、手切れ性が良いとか(笑)。まだ自分で製品を開発したことはないですが、いずれは新製品を開発してお店に並べてみたいです。その製品を手にすることでたくさんの人を笑顔にできたら最高ですね。また、東セロでの働き方として、産休・育休や時短労働を利用している女性先輩社員の方も多くいらっしゃるので、女性が働きやすい職場環境だと感じています。家庭と仕事を両立できる環境が整っていると思うので、ぜひ女性の方にも興味を持ってもらいたいです。

他の社員インタビュー