社員インタビュー

海外営業の夢に向けて、自分のスタイルを追い求める。

包装フィルム事業部

A・M

2016年新卒入社

"海外での挑戦"。ビジョンの一致が入社の決め手。


製品を売るだけでなく、世の中に必要とされるモノづくりに携わりたいという軸で、就活では一貫して化学メーカーを希望していました。そんな中、東セロを選んだ理由は、海外への販売に注力している点。そしてまだまだ海外市場開拓が始まったばかりの"のびしろ"のある会社だったからです。私は大学で国際経済を専攻していて、将来は海外営業に挑戦したいと考えていました。その志向と会社のビジョンが一致したわけですが、特に若手に対してチャンスを与えてくれる風土に魅力を感じました。新卒1年目から海外出張へ同行したり、早ければ2~3年のうちに海外のお客様を担当することもあります。
私のキャリアビジョンに対して、上司を始めとした多くの人が応援してくれますので、普段の仕事はもちろん、充実した教育制度も活用しながら将来海外で活躍するための努力を続けることができています。

お客様とのコミュニケーションが何より重要。


営業の仕事は、大きく分けて2種類あり、1つは既存業務の維持。すでに受注いただいている製品の生産をしっかり行い、数量や納期を守り、供給責任を果たす。万が一問題があった際にも誠意を持って対応し、既存のお客様との信頼関係をさらに深めていくことで、東セロの製品を長く使っていただくという仕事です。
もう1つは、弊社商品の販路拡大。お客様のニーズに応えるものや、将来的な展望をキャッチアップし、まだ供給していない製品をプレゼンテーションして販売につなげます。そのためには、お客様のところに足繁く通うことですね。何度もお会いして話を重ねることで少しずつ情報をいただけるようになったり、提案を依頼されるようになります。とにかくお客様とコミュニケーションをとることが重要です。

心強さとともに意識が高まる周囲のサポート。


仕事をするうえで大切にしているのは、レスポンスの早さです。お客様からの問い合わせには、できるだけ早く回答し、まだ私では答えられないむずかしい内容や判断しきれないことは、すぐに上司や先輩に聞いて解決していきます。
私が東セロに入って良かったと思っているのは、一緒に働く方にすごく恵まれたこと。周囲の皆さんがいつも支えてくれます。特に上司や先輩は単に教えるというのではなく、私の成長を考えたうえで様々な視点から必要なアドバイスをしてくださったり、フォローをしてくれます。私も少しでも早く知識とスキルを身に付け、自分の営業スタイルを確立し、自分も後輩から頼られる存在になりたいと考えています。そして、将来は海外でのシェア拡大に貢献したいというのが目標です。

他の社員インタビュー