社員インタビュー

東セロのテクノロジーで世の中の“日常”を支え続ける。

開発研究センター包材開発部

R・M

2014年新卒入社

東セロ独自の技術力と三井化学グループの総合力が入社の決め手


大学では応用化学を専攻し、エラストマーの物性や成形加工、高分子の構造解析を中心に研究を行ってきました。当時、東セロの研究員が測定装置の仕様確認や共同研究のためによく研究室にきており、東セロの社風や製品の話を伺う機会がありました。就活時には同業他社も含めていろいろな企業を検討しましたが、三井化学グループの総合力を活かした原料樹脂開発と供給スピードの優位性と東セロが持つ幅広い加工技術に魅力を感じ、東セロで世の中の日常を支え続ける研究がしたいという思いから入社を決意しました。入社後の工場研修ではテーマを一つ任せていただき、OJTでよりリアルな現場課題に取り組みました。その後、開発研究センターに配属となりましたが、研修期間中に学んだことは、今の仕事にも大きく役立っていますね。

お客様のニーズを忘れず、世の中のためになる製品開発を。


私は現在、主に食品包装に使用される延伸フィルムの研究に携わっています。仕事内容を簡単に言うと、まず、包装に対するお客様のニーズを他部門と共有し、テーマを設定します。そのテーマに基づき、当社の持つ延伸、無延伸、コート、蒸着といった様々な加工技術を組み合わせて仮設検証やテストを繰り返して製品のプロトタイプをつくります。お客様のニーズに合う製品と判断されたら、工場の製造部門と共に、安定生産・量産化の検討を行っていくというような流れです。開発に至るまで何度もトライ&エラーを繰り返すのですが、意識しているのは、お客様のニーズを忘れないこと。お客様のニーズとずれたことを繰り返しやっても時間が無駄になってしまいます。特にスピードが求められる製品開発のときは、何度もニーズに立ち返りながら仕事を進めるように意識しています。

コミュニケーションが活発な“研究らしくない”職場。


この仕事のやりがいは、自分の開発したものが実際に市場に並ぶところを目の当たりにできるというところですね。私は食品包装を担当していますから、スーパーやコンビニなどに商品が並んでいるのを見るとやりがいやおもしろさを感じます。また、最近は世間で環境問題や食品衛生に関心が高まり、生分解性プラスチックやバイオ原料に注目が集まっています。これらのニーズに対し、新しいフィルムの開発や東セロが持つテクノロジーを通して社会貢献できればと思っています。
また、開発研究センターには若いスタッフが多いこともあり、オフの日はみんなで遊園地へ行ったり、スポーツ観戦を楽しむことも。上司はもちろん他の研究グループとのコミュニケーションも活発で、ある意味“研究らしくない”職場といえますね。毎日たくさんの人と関わり合いながら研究に励みたいと思っている方には、是非興味を持っていただきたいですね。

他の社員インタビュー